フィラメント

フィラメント (filament) とは細かい糸状の構造を指す。ラテン語で糸を意味するfilumに由来する。
とウィキペディアに記載されています。

FDM方式の3Dプリンタ-の熱可塑性樹脂糸もフィラメントと呼ばれます。

主な樹脂はABSそしてPLA。

昔から様々な製品で用いられているABS。
原材料の入手が容易なこと、出力したものが完成品と同じ樹脂で作れるなどの理由があるそうです。

そしてPLA(ポリ乳酸)。
農作物由来の樹脂で、生分解性プラスチック。
FDM方式で造形した際、ABSよりも反りにくく造形性がいい。

と、数多くあるフィラメントの一部だけを抜粋してみましたが、
世の中にはホントに多くのフィラメントが流通しています。

ABS、PLAについてもメーカーによって考え方が異なり、造形性や性能、色、艶などが異なります。

3Dプリンターを購入したけれど、どうもうまく造形出来ない。
造形結果に納得がいかないといった場合、
使用しているフィラメントを変えてみるというのも一つの方法です。

形状、設定方法等によって様々な組み合わせがあります。

造形の趣旨は変わってしまいますが、ピッタリなフィラメントを探してみるのはいかがでしょうか?



ニンジャボットではPolymaker社のフィラメントを取り扱っております。

それ以外にも、気になるフィラメントありましたら、ご相談ください。

多くのフィラメントの取引実績がありますので、お力になれると思います。

 

Ninjabotは様々なフィラメントに対応します
プリントサンプル公開中!