新製品「NJB-200HT」販売開始のご案内

ニンジャボットの新製品となる「NJB-200HT」の販売を開始いたしました。
NJB-200HT製品ページへ


ニンジャボットNJB-200HTは従来のNJB-200をベースにノズルと成型テーブルの可変温度をより高温にまで対応できるようにした研究開発用モデルです。

通常のニンジャボットではノズルは170~280℃、成型テーブルは常温から100℃程度まで可変できますが、HTシリーズはノズル温度は400℃~80℃ 成型テーブルは150℃に対応します。

ニンジャボットは樹脂メーカー様などが研究目的でご購入いただくケースが多々あり、そういったケースでは3Dプリンターの一般的な用途である設計試作や治具の作成、小ロットの部品作成などのような用途とは少し違い、様々な樹脂の可能性そのものを研究する目的でご使用頂いております。

樹脂を溶解するノズルや成型テーブルの可変温度が高いと研究で扱える樹脂の種類や可能性が広がるため、できるだけ高い温度にまで対応できるようにしてほしいとのユーザー様からの要望を受けて開発いたしました。

また、低い温度で溶ける樹脂を使いたいという要望も同様にいただくため低温域は100℃を下回る80℃から稼働できるようにしました。

ノズルと成型テーブルの温度の可変温度以外は通常のモデルと資本性能は同じです。

詳しくはNJB-200HT製品ページをご覧ください。

Ninjabotは様々なフィラメントに対応します
プリントサンプル公開中!